Huffpost Japan

妊婦たちが、ガザ空爆にさらされている。「赤ちゃんを家に連れて帰れない」

投稿日: 更新:

今週、イスラエルの空爆でガザ中部のヌセイラト難民キャンプが攻撃され、セナ・アリッサは、血が脚の間から滴り落ちたので自分の妊娠中の腹部を抱えた。そしてその時、彼女は破水した。

取り乱す人もいれば呆然とする人もいたが、彼女の家族は、車で病院に連れて行ってくれる人を探そうとした。彼女の家族には車がない。しかし、誰も彼女を病院に連れて行ってくれなかった。「危険すぎる」と、誰もが言った。3時間後、彼女は難民キャンプ病院にたどり着いたが、病院には未熟児を分娩させる余裕がなかった。

「私は恐怖以上のものを感じていました。そして戦火の中で出産したのです」と、ヌセイラト難民キャンプから20分にあるガザ地区で奮闘するアルシーファ病院のベッドで新生児を抱きながら、彼女は語った。

7月上旬、イスラム原理主義組織ハマスがイスラエルにロケット弾数百発を発射し、そしてイスラエルが陸、海、空から攻撃をすると、アルシーファ病院の妊婦病棟はアリッサのような女性でいっぱいになっていた。妊婦の多くは、戦争のストレスによって、早期陣痛、流産、そして死産の事態に悩まされていた。ロケット弾の砲火のもとでの生活を余儀なくされる女性は、似たような問題に悩まされると、イスラエル南部にいる医者は語る。

2014-07-15-originalworldpost1.jpg
アスマと名乗る女性は、ガザ地区のアルシーファ病院でモーゼンという名の彼女の小さな息子を揺らしている。彼女の家の近所で空爆があったその時、彼女は妊娠中であった。

アリッサと彼女の小さな娘、バトゥールから廊下を隔てたところにいる、21歳のレーマ・アルハワイティもまた、ヌセイラト難民キャンプから来ている。現在、妊娠8カ月。彼女の近所が攻撃された時、自分の赤ん坊、そしておそらく自分の命も失うのではないかという恐怖を感じた。最初に爆発があった。そして、腹部に痛みが走った。彼女が難民キャンプ病院に辿り着いたとき、彼女の産道は2センチ広がっていた。今では、彼女はアルシーファ病院で療養しているが、妊娠糖尿病(妊娠中に、一時的に糖を代謝する機能が低下し、血糖値が高くなる病気)に苦しみ、看護師が言うには出産が予定より早まりそうなので悩んでいる。

アルハワイティの隣には、アスマと名乗る若い女性と、錆びた病院のベッドの上で彼女の隣にハトのように鳴き、脚をバタバタしている小さな赤ん坊が一緒にいる。「痛みは爆撃が始まったときに始まりました。その時、赤ん坊のことばかり考えていました」と、彼女はおとなしく語る。

空爆が始まってから1時間後、彼女の家族は、妊娠9カ月のアスマをリヤカーに乗せて、自宅から避難することを決めた。彼らは警察署の隣に住んでいるが、ターゲットになりやすいと、彼らは語る。彼らは道路に飛び出し、二手に分かれて最寄りの親戚の家に歩いていった。

「赤ん坊を失うのではないかと不安でした。爆発の音で自分たちの耳が爆発するようでした」とアスマは語った。

彼女がようやく病院に着いたとき、医者は陣痛を誘発した。アスマは、モーゼンという名の健康な男の子を出産した。

医療機器と薬品が不足し、なくなりつつある中で、アルシーファ病院は、レーマのような妊婦やセナやアスマのような新生児の母親の世話に奮闘している。通常一人か二人用の部屋の多くは、隣り合わせに5つのベッドが並べられている。病院にいるおよそ150人の妊婦病棟の看護師のうち46人は、空爆のために自宅で動きが取れず、または怖くて仕事に来ることができず、病院スタッフによると、病院は、ひと部屋にできるだけ多くの女性を入れ、患者の面倒を見ているという。

終わりの見えない戦争の中で、8年間ここに勤務する妊婦病棟の主任看護師スーマー・スーライマンによると、今週、ここでは3人の赤ん坊が命を失った。戦闘になると、早期妊娠と出生時合併症はこの病院ではしょっちゅう起こる、と彼女は語った。

イスラエル南部の国境を越えたところでも、今はロケット弾のサイレンが定期的に鳴り、妊婦は脅威に晒されている。

「患者は病院に行くことを躊躇しています。自宅から出る度にミサイル攻撃を受けやすいからです。緊急処置室に行く患者はあまりいません。患者は、陣痛がもっと激しくなってからやって来るのです」と、イスラエル南部の アシュケロンにあるバーツィライ・メディカル・センターの産婦人科部長イヤル・アンテビー博士は、電話でワールド・ポストに語った。

アンテビーは、特にアシュケロンのようなガザからのロケット弾攻撃が普通にある場所では、ロケット弾攻撃中のストレスと早期陣痛や他の合併症との間に強い相関関係があると言う。ネゲフのベングリオン大学の研究者が昨年実施したある研究によると、ロケット弾砲火に晒されたイスラエルの女性は、ロケット弾砲火の影響を受けない女性に比べて、59%ほど流産の可能性が高い。

「過去、スデロット(イスラエル南部の都市)で爆撃が起きているときは、赤ん坊がいる感覚を失ったと言いながら、妊婦はよくアシュケロンに来たものだ。アシュケロンがより安全だった」とアンテビーは語る。

2014-07-15-originalworldpost2.jpg
セナ・アリッサは、ガザ地区のアルシーファ病院で2~3時間前に出産した、彼女の女の子の新生児バテゥールを抱いている。

イスラエル南部の母親のように、アリッサや、ここアルシーファにいる他のパレスチナ人の母親たちは、何としても安全な病院にい続けたいと語る。150人以上のパレスチナ人が殺害されたと、12日の報道は伝えている。イスラエルは防空システム「アイアン・ドーム」のおかげで、国民は誰も殺害されていない。パレスチナ人がイスラエルによる民間人地域への爆撃を非難する一方で、イスラエルは、ハマスが人間の盾として民間人を利用し、過激派が人口密集地域からロケット弾を発射していると言う。

アルシーファの女性たちは、弱々しい新生児を、戦争が避けられない自宅に連れ帰りたいと思わない。階下の死体安置所には、パレスチナ人の遺体を安置している。その多くは民間人で、今週のイスラエルによる攻撃で殺害された人々である。そして彼女たちの新生児のような小さな子供たちが、近くの病棟で命を脅かす負傷から回復している。

「子供たちを自宅に連れて帰ることはできません」と、妊娠9カ月のスマーは言う。彼女が話すと、はるか彼方に爆音が轟き、その音は開いた窓を通して届いた。彼女は、一見その音の影響を受けていないかのように話し続けるが、片方の手で丸くなった腹部を守るように覆った。

アビアー・アイヨウブがガザ地区から報告

[Abeer Ayyoub (English) Translation by Gengo]

ガザ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

イスラエル人の一部には、ポップコーン片手にガザ空爆を見物している ...

ガザ空爆1週間 市民の犠牲170人超、停戦見えず:朝日新聞デジタル

世界各地で反イスラエル・デモ、ガザ空爆に抗議 写真26枚 国際ニュース ...

米ワシントン ガザ空爆に抗議デモ NHKニュース - NHKオンライン

世界各地で反イスラエル・デモ、ガザ空爆に抗議

ガザ空爆の死者100人超 増える市民の犠牲

イスラエル軍のガザ空爆、死者186人に 12年の衝突超える

ガザ地区 空爆の死者120人超

ガザ空爆 市民の犠牲増え続ける

米ワシントン ガザ空爆に抗議デモ