NEWS

冷戦時代の廃墟「ソビエトの幽霊」が今も語りかけてくる【画像集】

2014年07月15日 17時46分 JST | 更新 2014年07月15日 18時02分 JST

第二次世界大戦後から始まり、1991年、ソビエト連邦の終焉とともに幕を閉じた冷戦時代。ブルガリアや東ドイツなど旧東側諸国の廃墟となった施設を巡って写真を撮影した、「ソビエトの幽霊」と題した、イギリス生まれの写真家、レベッカ・リッチフィールドさんの連作が、今も何かを語りかけてくる。

旧東側諸国の名残

【歴史写真関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています