NEWS

ガザ地区、たった5時間の停戦へ

2014年07月17日 00時20分 JST | 更新 2014年07月17日 00時26分 JST
Reuters

イスラエル軍とイスラム原理主義組織ハマスは、国連からの要請により、人道的理由から17日午前10時(0700GMT、日本時間午後4時)―15時の5時間にわたり攻撃を中断することを明らかにした。ただイスラエルは、ハマスが一時停戦中に攻撃を行った場合は「断固とした」対応を取ると表明した。

イスラエル軍による爆撃で16日、ガザの海岸にいたパレスチナ人の子供4人が死亡した。

戦闘が始まってから9日目となるこの日まで、イスラエル軍の攻撃で216人のパレスチナ人が死亡。ガザの当局者によると、犠牲者の大半が民間人だという。他方でパレスチナ側は、16日に130発以上のロケット弾による攻撃を行った。[ガザ/エルサレム 16日 ロイター]

【関連記事】

関連記事

ガザ