NEWS

「アナと雪の女王」からルパンまで 燦然と輝くピアニカの名演奏たち

2014年07月16日 16時57分 JST | 更新 2014年07月16日 16時58分 JST

息を吹き込んで演奏する鍵盤楽器「ピアニカ」。小学生のころ、音楽の授業で使った記憶があるだろう。ヤマハは10月、30年ぶりにピアニカをモデルチェンジする。

プラスチック部品を薄くして50g軽い600gにしたほか、演奏用パイプの長さを調整できるようにした。本体の丸みを改良し、子どもが持ちやすくしたという。ケースの背面と側面にも、名前シールが貼れる場所をつくった。

(中略)

 ヤマハの鍵盤ハーモニカのシェアは5割前後。少子化で市場が縮小しており、今回の改良でシェアアップを狙うという。



(朝日新聞デジタル「ピアニカ、30年ぶりモデルチェンジ ヤマハ」より 2014/07/15 21:06)

30年ぶりのモデルチェンジにあたり、ここでピアニカの名演奏をYouTubeからひもといてみよう。

【音楽演奏関連の記事】

ワールドカップ美女 総集編

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています