Huffpost Japan

全身をガンに蝕まれて安楽死した愛犬デュークが、家族と過ごした最後の1日

投稿日: 更新:
印刷

ロバーツ一家は、全身をガンに蝕まれた愛犬デュークを安楽死させなければならないことを知っていた。だから、この世で最後の日を、デュークにとって最もスペシャルな日にしてあげようと決めた。

KSLによると、ヒューストンに住むブラック・ラブラドールのデュークは数年前、足に骨肉腫があると診断された。骨肉腫は犬に発生する骨癌のなかでも、最も多い病気だ。骨肉腫により発生する腫瘍は悪性で、転移しやすい性質を持つ。

デュークの前足は切断されたが、腫瘍はどんどん大きくなり、肋骨が変形してデュークが感じる不快感が増していた。

アメリカ・ユタ州の放送局「KSL」によると、デュークの飼い主、ジョーダン・ロバーツ氏は7月7日月曜日にヒューストンの獣医との間で安楽死の予約を取った。しかし、 デュークに別れを告げる前にローバツ一家は、デュークが人生の最後にあたってとことん楽しんでもらうため、彼を連れて外出することに決めた。

ロバーツは、友人で動物を愛する写真家ロビン・アルーティ氏に、デュークの人生最後の瞬間をカメラに収めるよう頼んだ。

デュークはハンバーガーを食べ、ウォーターパークで水と戯れ、彼が最も愛した人たちに囲まれて最後の1日を過ごした。

アルーティ氏はハフィントンポストにメールで次のように述べた。「美しい光景だった。次から次へとね」

「その日はハンバーガーで始まり、少年たちが加わり、他の友達もやってきた。スプラッシュパークではのびのびと遊び、デュークはレインボーブリッジの下を歩いた。皮肉にも、レインボーブリッジはペットが亡くなった後に行く場所として語られている場所だ。私はとても光栄に思ったよ」

デュークのストーリーはバイラルメディアの「バズフィード」で取り上げられた後に広まり、多くの人がペットロスに関する体験談を共有する動機付けにもなった。

アルーティ氏は、「先日、ジョーダンからデューキーの目的は愛することと、人に元気を与えることで、デューキーが死後もそれを続けていることに感動している、と言われた」と明かした。

「ロバーツ一家はデューキーのことがとても恋しいけれど、彼は魂になって家族と一緒だと感じるという。ただ、彼らはこんな風にデューキーの話に反応が集まるとは思ってもみなかった。その時は、デューキーのストーリーがきっかけになって、こんなに多くの人が死んでしまった愛するペットについてのストーリーを共有することができる美しい場を作ることになるとは、もちろん思っていなかった。デュークの最後の1日の写真を撮影し、記録に残したことで多くの人がペットを旅立たせる辛い痛みを、ペットが生きている間に一緒に楽しい時間を過ごすことで、和らげることができると勇気づけたんだ」

以下は、ロビン・アルーティー氏による、デュークの最後の1日のストーリー。

より詳しい内容はロビン・アルーティー・フォトグラフィーへ。

  • 「僕は今日死んだ」 デューク・ロバーツ
    Robyn Arouty Photography
    そして、僕はハンバーガーをたくさん食べた。みんなでパーティーをした。
  • Robyn Arouty Photography
    そして、僕は笑った。
  • Robyn Arouty Photography
    そして、どれだけここが恋しく思うだろうか、と考えた。
  • Robyn Arouty Photography
    冗談を言いあっていた。
  • Robyn Arouty Photography
    真剣な話もしていた。
  • Robyn Arouty Photography
    隣に住む友達も僕に会いに来てくれた。双子なんだ。 誰かが、ハンバーガーを食べるように勧めたのだけれど、彼らは「いいです。デューキーの分から取りたくないから。」と断った。
  • Robyn Arouty Photography
    クリステンも僕に会いに来てくれた。彼女はとても面白い人。僕のトリマーであり、友人でもあるんだ。
  • Robyn Arouty Photography
    獣医さんが来るのを待っている間、僕たちはクリステンと一緒に散歩に出かけた。そして誰かが「この先にあるスプラッシュパークで水遊びをしない?」と言った。そしてみんなで行ったんだ!
  • Robyn Arouty Photography
    「あなたがいなくなると寂しくなるわ、ね?」
  • Robyn Arouty Photography
    「君のことも恋しく思うよ。わかってるよね?」
  • Robyn Arouty Photography
    「家族を見守っていてね。君が必要なんだ」
  • Robyn Arouty Photography
    「聞いてる? それが僕がしたいことの全てなんだよ!」
  • Robyn Arouty Photography
    今日、僕たちはびしょぬれになった。
  • Robyn Arouty Photography
    今日、僕たちは笑った。
  • Robyn Arouty Photography
    今日、僕たちは感謝の気持ちを持った。
  • Robyn Arouty Photography
    今日、僕たちはルール違反をした。
  • Robyn Arouty Photography
    離れた場所で遊ぶ子供たちの声に耳を澄ませた。そして、家にいる二人のベビーのことを考えた。彼らを守ることが僕はとても好きだった。
  • Robyn Arouty Photography
    今日、僕はリラックスしていた。
  • Robyn Arouty Photography
    今日、僕は痛みを全く感じなかった。腫瘍はとても大きくなっていたんだけれど。
  • Robyn Arouty Photography
    今日、僕は愛を感じた。
  • Robyn Arouty Photography
    僕の美しい友達、キーラにお別れを言った。彼女は、医者が「時間だ」と告げる前に僕がみんなのそばに立っているのを見ていた。僕は興奮して、飛び跳ね、とてもハッピーな気持ちになった。
  • Robyn Arouty Photography
    僕はサヨナラは言わなかった。僕はまた会う日まで、と言ったんだ。
  • Robyn Arouty Photography
    神様、僕は幸運だった。僕たちが一緒に過ごすことができた時間は短かった。でも、君は僕にセカンドチャンスを与えてくれたし、一緒に、大いに楽しむことができた。僕が君を見るのが大好きなんだよね。僕はずっと君を見ているから。
  • Robyn Arouty Photography
    ずっとだよ。デューキー

[Cavan Sieczkowski (English) Translation by Gengo]

訂正箇所を連絡