NEWS

日産、自動運転車を2016年投入 まず高速道走行と駐車

2014年07月17日 21時10分 JST | 更新 2014年07月17日 21時11分 JST
時事通信社

日産、自動運転車2016年投入 まず高速道走行と駐車

日産自動車は17日、自動運転の技術を部分的に使った車を、2016年末までに一般向けに売り出すと発表した。まず、混雑時の高速道路を同じ車線内で自動走行できる車や、自動で駐車できる車を売り出す。日産は昨年、自動運転車を20年までに実現する目標を表明したが、具体的な市販計画を示したのは国内メーカーで初めてだ。

カルロス・ゴーン社長が、日本外国特派員協会のスピーチで明らかにした。

18年には、主に高速道路で自動的に車線変更し、前を走る車を追い抜いたり障害物を避けたりできる車も発売。20年には一般道でも自動運転が可能な車を投入する計画だ。

自動運転は、事故を減らし渋滞の緩和にも役立つ「夢の技術」と期待されている。米グーグルも参入を表明し、開発競争は激しさを増している。ライバルに先駆けて市販に踏み切ることで、日産のカルロス・ゴーン社長は、「自動運転のパイオニアになる」と意気込む。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)