NEWS

【マレーシア航空機墜落】親ロシア派、専門家の現場入りを歓迎 「最大限に支援」

2014年07月18日 22時47分 JST | 更新 2014年07月18日 22時47分 JST
Reuters

[18日 ロイター] - マレーシア航空機が前日、ウクライナ東部で墜落した問題で、親ロシア派指導者の一人は、欧州安全保障協力機構(OSCE)およびウクライナ政府の専門家らによる墜落現場への訪問を同勢力として歓迎する、との見方を示した。

セルゲイ・カフタラゼ氏は、ウクライナ政府の専門家4人のほか17人がこの日ドネツクに到着し、まもなく墜落現場を訪問する予定だとした上で、「できるかぎり最大限の支援を行う」と語った。

【関連記事】

関連記事

マレーシア航空機、ウクライナ東部で撃墜