NEWS

台風9号が勢力拡大 フィリピンを直撃し54人死亡、中国南部に上陸へ

2014年07月18日 20時13分 JST | 更新 2014年07月18日 20時28分 JST
TED ALJIBE via Getty Images
Residents brave strong winds and rain as they evacuate from their homes at an informal settlers' area as Typhoon Rammasun barrels across Manila on July 16, 2014. Typhoon Rammasun shut down the Philippine capital on July 16 as authorities said the first major storm of the country's brutal rainy season claimed at least one life and forced hundreds of thousands to evacuate. AFP PHOTO/TED ALJIBE (Photo credit should read TED ALJIBE/AFP/Getty Images)

中国の気象当局によると、フィリピンに上陸し、少なくとも54人の死者を出した大型の台風9号は、勢力を強めながら中国南部に向かっている。

気象当局によると、台風9号(ラマスーン)は18日午後、中国の海南省と広東省の間に上陸する見通し。その後、徐々に勢力を弱め、南西の広西チワン族自治区に向かうとみられている。

国営テレビによると、海南島の観光名所は全て閉鎖され、沿岸付近の住民3万人が避難している。

台風9号「ラマスーン」フィリピン直撃