NEWS

氷室京介、ライブ活動休止の理由は聴力の悪化「これ以上は無理」

2014年07月20日 17時07分 JST
WARNER MUSIC JAPAN

oricon style

氷室京介「妻は前から知っていた」 電撃発表“寝耳に水”報道を否定

来年予定しているファイナルコンサートをもって、ライブ活動を休止することを電撃発表したロック歌手・氷室京介(53)が19日、横浜スタジアムで全国ツアー『25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION』の公演を開催した。

ファンが見守るなか、ライブ活動休止の真相について「報告」すると、「年のせいもあって7年前くらいから右耳の調子が悪い。ライブではきき耳は左なのでそれでやってたけど、(最近)左側の耳がどこかのトーンだけが聞こえない」と告白。年齢的な衰えも原因の一つで「これ以上(ライブ活動を)やっていくのは無理」と判断したという。

今回の活動休止は、13日に山口・周南市で行われたライブ中、「氷室京介を卒業する」と電撃発表された。一部報道では「妻も寝耳に水だった」と報じられたが、氷室はこれを「ネットだと俺がいきなり言ったってなってたけど、うちのかみさんはずっと前から知っていた」と否定。「ただ、レコード会社の人には悪いことをした。でも言ったからどうなる問題じゃない」と理解を求めた。

「俺は俺なりに自分のプライドがあって、それはダウンしても必ず立つこと。ダウンしても立ち上がれれば、“無様”が“生き様”になる」。

自身のポリシーを熱弁した氷室は、ファンに向けて「長い間こうして支えてくれて、氷室京介はお前らが作ってくれた存在。お前らが作った氷室京介。きょうとあしたでお返しする」と完全燃焼宣言。3月に開幕したソロデビュー25周年ツアー(全50公演)も、きょう20日に同所でファイナルを迎える。

【関連記事】