NEWS

【iPhone6】アップル、業者に最大8000万台の生産要請

2014年07月21日 23時55分 JST | 更新 2014年07月21日 23時55分 JST
Reuters

[21日 ロイター] - 米アップルは部品サプライヤーに対し、大型ディスプレイのiPhone(アイフォーン)新型機種を7000万―8000万台生産するよう要請した。iPhoneの初期出荷分としては過去最高となる見通しだ。

21日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が複数の関係者の話として報じた。

アップルはディスプレーの歩留まりが低くなる可能性を考慮し、最大で1億2000万台のiPhoneを製造する準備をするよう求めたという。

昨年発売された現行モデルの初回注文は5000万―6000万台だった。

業者の間で「iPhone6」と呼ばれている次期モデルの画面は、現行モデルの4インチ(10センチ)に対し、4.7インチ(11.9センチ)および5.5インチ(14センチ)サイズに大型化するとみられている。さらに、デザインは現行モデルと同様にメタリックな外観となり、複数のカラーバリエーションが用意されるという。

【関連記事】

関連記事

iPhone 6 予想画像(TechRader)