Huffpost Japan

「少人数で成果を上げて、100%有給取得」 ドイツの働きかたは、日本とどう違うのか

投稿日: 更新:
GERMANY
Yuki Kubota
印刷

最低24日間の年次有給休暇をすべて消化しながらも、会社や社会が回るドイツ。日本とはいったい何が違うのか。日本でも取り入れられそうな、具体策はあるのか。日本で日系企業に勤務した後、ドイツに渡り、現在はドイツの企業で働いている日本人に、日本とドイツ、それぞれの働きかたについて聞いた。

■「何のための仕事か?」目的を常に問い、無駄を省くドイツ人

2014年2月から、ドイツ・ベルリンのメーカーで社員として働いているAさん。得意のドイツ語を生かしたいという思いから、日本企業での勤務を経て転職した。現在はマーケティング部署で、顧客のニーズと開発部門を結ぶ仕事を行っている。

仕事柄、多くの同僚たちとコミュニケーションを図りながらプロジェクトを進めていく。その中で、ドイツ人の働きかたが見えてきたとAさんは話す。

「もちろん一口にドイツ人といっても、柔軟な人と頑固な人では、対応が全然違います。でも、一般的に誰もが『その仕事は何のために必要なのか』という、仕事の目的を重視しています」

忙しい人ほど、特にその傾向がみられるという。同僚に何かを依頼するときには、相手がその必然性を納得しない限り、着手してくれない。だから、依頼内容が相手の優先順位の上位に来るように説得し、常にプッシュする必要があるそうだ。

「ドイツでは、短時間で成果を上げることに対して評価されます。だから、無駄なことは誰もやりたくないのです」

ドイツ人は何よりプライベートを大切にする。早く帰宅したい、有休を取得してプライベートを楽しみたいという思いも、短時間で生産性を高める働きかたを後押ししていることだろう。

■優秀なリーダーが、目標を達成するために無駄のない組織を作る

当然ながら、仕事のプロジェクトには目標がある。それを達成するために、リーダーが「誰が、何を、どうするか」を決め、チームの一人ひとりがその役割を果たしながら、目標に向かって仕事をする。その無駄のない組織を、リーダーが徹底的に考えるのが、ドイツの特徴かもしれない。

Aさんは、組織を統率するリーダーに実力が備わっていると感じている。部下が上司を信用している点も、組織がうまく回る要因の一つではないかと分析する。ドイツでは、リーダーはあくまでも実力で選ばれる。年齢や社歴はあまり問題ではない。

これまで日本の会社では、リーダーは年功序列で決めるのが当たり前だった。今は多少変わってきているだろうが、中には実力が伴わないリーダーもいるだろう。そうなると、プロジェクトが機能しなくなる。

日本では、ドイツほど効率は重視されていないのかもしれない。人事評価の際、「成果」だけでなく、長時間労働などの「頑張りぶり」が加味されているケースがあるのではないか。あくまで目標を達成するために働く、ドイツと大きく異なるように思える。

germany

■フラットな人間関係、上司やクライアントとも率直に意見交換

またドイツでは、信頼しているリーダーであっても、自分と意見が異なるときには明確に表明することが重要だとされる。その際、立場や年齢は関係ない。

「意見を言うのに、上下関係は存在しませんね。きちんと意見を言うことは大切です」とAさんは話す。質問をすることもいいとされる。例え頻繁に質問しても、丁寧に答えてくれるという。

フラットな人間関係は、クライアントであっても同様だ。日本では、受注した企業がクライアントに出向くことは当たり前とされ、ドイツに比べて訪問する頻度も高い。Aさんは、クライアントからの要求も、ドイツよりも日本のほうが高いと感じたという。

「ドイツでは、企業の関係が対等だと思います。クライアントがメーカーに、『こういうのできる?』と相談するような印象です」

恐らく日本では「お客さまは神様」という感覚が、根底にあることだろう。クライアントであれば、多少の無理な要求は許される。受注した企業も、要求に応えるように努力する。もちろん、それが良い結果を生むこともあるだろうが、必要以上に時間のロスを生んでいるのかもしれない。

日本では、年齢や立場による上下関係を常に意識しながら生活しているものだろう。そのように教育を受け、社会は成り立っている。対してドイツは、子供の頃から、家庭でも学校でも自分の意見を表明するように育てられる。

今の日本で、上司やクライアントに率直な意見を伝えるのは、難しいかもしれないが、生産性を高めて、互いの目標を達成するためには、立場に関係なく率直に意見をいい合える環境があったほうがいいだろう。

■チームは少数精鋭、トラブルは短時間ミーティングですぐ対応

変化の激しい現代では、変化にスピーディーに対応することも重要だろう。Aさんの働く会社では、ひとつのプロジェクトに関わる人数は、4〜5人。少数精鋭の編成で、問題が生じたときには迅速にミーティングを行うそうだ。

ミーティングの時間は、30分から長くて1時間。純粋に問題を解決するために行うものなので、他の話題はしない。

また、日本の勤務時代では、取引先にメールを送る際は、上司や他の担当者も必ずccに入れて同送するのが習慣だったそうだが、ドイツではなるべく関係者に絞って送る。少人数で迅速に動くことが、よいとされている。

そうできるのは、各人の仕事や責任範囲が明確になっているからかもしれない。責任や決裁権の範囲が不明瞭なら、念のためにできるだけ多くの人に知らせるのは当然のことだろう。

■日本の良さを生かしながら、個人を生かすドイツ式の組織作りを

ドイツ企業に勤務して、ドイツ式の働きかたに触れてきたAさん。効率を重んじ、率直な意見を交わしながらスピーディーに動く現在の勤務先は、私たちには理想のようにも聞こえる。

しかしAさんは、日本のようにじっくりと人間関係を築き、多少無理をしてもお互いの仕事を補い合うやりかたも好きで、「そういう日本人らしさを失いたくない」と話す。ドイツは、何事もスピーディーな反面、リスクへの対策が不足していると感じることもあるという。

全般的に仕事において、ドイツは日本よりも非常にドライだといえるだろう。人間関係の恩義で働くことは、ドイツでは少ない。そのドライさは、日本人には心情的にあまり馴染まないのかもしれない。

人間関係を大切にしながら、細やかな気配りができ、真面目に仕事に取り組む姿勢は、多くの日本人が持つ素晴らしさだと思う。

一方で、そうした個人一人ひとりの能力を生かして組織の力を最大化する、合理的なシステム作りが重要ではないか。この点において、常に仕事の目的を考えながら、効率重視で動くドイツの働きかたは、参考になると思っている。

久保田由希

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ハフィントンポストの人気記事

Close
ドイツ猫のベストイレブン【ニャールドカップ】
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

自動運転車、レーザーの「目」コストが障害に