NEWS

最低賃金、16円引き上げを答申

2014年07月29日 20時35分 JST
RenA Mansi via Getty Images

最低賃金、16円引き上げを答申 「逆転現象」解消へ

国が定める最低賃金(全国平均で時給764円)を16円上げるべきだとの答申を、厚生労働省の中央最低賃金審議会が29日、まとめた。実現すると全国平均は780円になる。増加率は2・1%で、引き上げの目安額としては、現行方式になった2002年以降で最も高い。消費増税や物価高で家計の負担が増し、底上げを求める声に配慮した。

最低賃金は、これより低い額で働かせると違法になる金額。非正規や外国人の働き手を含め、原則、すべての労働者に適用される。労使代表と有識者など公益委員の3者でつくる審議会での議論をもとに毎秋、都道府県ごとに改定される。今回決まった金額は、その目安になる。

引き上げの目安額は、物価や所得などの指標をもとに、経済規模の大きな順にA~Dの4段階で、都道府県をランク分けして示される。今回、Aは19円、Bは15円、Cは14円、Dは13円と決まった。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


【関連記事】