Huffpost Japan

17歳バレーボール選手が「美しすぎて競技の邪魔」(画像)

投稿日: 更新:
印刷

17歳の女子バレーボール選手が問題になっている。ただし、彼女が下手だからではなく、美しすぎるからだ。

2014年7月16日~24日に台北で開催された第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会カザフスタンチームのメンバーとして参加したアルシンベコバ・サビーナ選手は、美しすぎて競技の邪魔になるほどだとされている。チームのコーチでさえも、1人の選手だけがファンの注目を集めていると文句を言っている。

デイリー・メール」によれば、カザフスタンの19歳以下の選手で構成されたチームの監督を務めるナルラン・サドルコフ氏は、「Tengri News」の取材に対し、「カザフスタンにとっては良いことだろうが、こうした状態で仕事をするのは不可能だ」と発言したという。「観衆たちはこの選手権で、たった1人しか選手がいないように振る舞っている」

サドルコフ監督は別の記事でも、サビーナ選手に「邪魔をされている」と述べている。

サドルコフ監督が特に問題にしたのは、この大会に出場した若いサビーナ選手が、ネットでセンセーションを巻き起こしたことだ。アジア中のファン、そして最後には世界中のファンがインターネットでサビーナ選手の姿を追いかけた。

YouTubeには、彼女がウォーミングアップをしたり、チームメートとハイタッチをしたりするシーンや、何もしないで立っているだけのシーンを捉えた動画が投稿され、数万人か、ときには数十万人の視聴者を獲得している。


カザフスタンvs中国戦、サビーナ選手に注目した動画。なお、大会1位は中国、2位は日本、3位は韓国で、カザフスタンは7位だった

「ザ・ストレーツ・タイムズ」の記事によれば、台湾のファンたちはカザフスタンの国旗を手に持ち、彼女を一目見るために、試合が始まる1時間も前から会場に足を運んだという。

Facebookでは、サビーナ選手に関するページが数多く作られ、あるTwitterアカウントには2万2000人を超えるフォロワーがついている。ただし、サビーナ選手の公式なオンラインコンテンツは、InstagramのアカウントVKのページだけだ(VKは、欧州、ロシア、および彼女の母国カザフスタンを含む多くの旧ソビエト諸国で人気があるソーシャルネットワーク)。

サビーナ選手の母親であるヌリパ・アムリエフナさんが語ったところによると、サビーナ選手は、才能ある子供たち向けの全寮制学校で教育を受けた後、最近になってカザフスタンの大学に入学したという(専攻は人文科学と法律)。

「私は法学部に進んでほしかったのですが、娘はスポーツを選びました」と、サビーナ選手の母親は語っている。

また、サビーナ選手にはモデルにならないかという勧誘が来たこともあるそうだ。

「でも、彼女はその世界には行かないでしょう。(中略)親としても反対しています」と母親は語ったそうだ。

[Ed Mazza(English) 日本語版:佐藤卓、合原弘子/ガリレオ]

Close
2014 女子ビーチバレーボール 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

公益財団法人 日本バレーボール協会

バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

新戦術「MB1」の効果証明 日本代表の“頭脳”渡辺啓太氏

【バレーボール】 米国、2度目の優勝 Wリーグ