NEWS

イスラエルのガザ学校攻撃にアメリカ政府「非常に懸念」

2014年07月30日 19時33分 JST
Reuters

イスラエルのガザ学校攻撃、米政府が非難

[ワシントン 30日 ロイター] - 米国家安全保障会議(NSC)のミーハン報道官は30日、イスラエルがパレスチナ自治区ガザに対する軍事作戦で、避難所になっていた国連が運営する学校を砲撃したことを非難した。

ガザの当局者によると、この攻撃で避難していたパレスチナ人少なくとも15人が死亡。ミーハン報道官は、「パレスチナの数多くの避難民に対する安全が国連が提供した避難所でも確保されていないことを非常に懸念している」と述べた。

そのうえで、ガザの国連関連施設に武器が隠されていたことの責任も追及すると述べた。

ガザ、イスラエル。悲しむ人々

【イスラエル情勢関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています