ニュース

「フランダースの犬」が凶悪化。それを「天才バカボン」が退治? まさかの組み合わせで映画化

2014年08月02日 23時31分 JST | 更新 2014年08月02日 23時31分 JST

故・赤塚不二夫さん原作のギャグマンガ「天才バカボン」と、往年の名作アニメ「フランダースの犬」がまさかのコラボ――。「天才バカヴォン 〜蘇るフランダースの犬〜」というタイトルで、2015年春に映画公開されることが決まった。監督・脚本を務めるのは「秘密結社 鷹の爪」などで知られるFROGMAN。

映画化を知らせるYouTube動画では、息を引き取るネロとパトラッシュが凶悪化。バカボンのパパが地球を救うストーリーであることを示唆している。

【映画関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています