ニュース

ローソン、シネコン大手を買収へ イベント中継なども検討

2014年08月06日 16時15分 JST | 更新 2014年08月06日 16時32分 JST
時事通信社

大手コンビニチェーンのローソンは8月6日、力を入れているエンターテインメント事業を強化するため、シネマコンプレックス(複合映画館)のユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスを投資会社などから買収すると発表した。買収費用は100億円を超える見通し。

ユナイテッド社は傘下にユナイテッド・シネマ(東京・港)を持ち、全国36カ所に映画館を展開。劇場数では「イオンエンターテイメント」と「TOHOシネマズ」に次いで第3位。2015年3月期の売上高は約200億円を見込む。47NEWは次の通り報じた。

買収するのはユナイテッド・シネマの持ち株会社の全株式で、子会社を通じて8月中に取得する。ローソンは映画チケットや関連グッズの販売のほか、ポイントカード会員に映画の割引券などの特典提供も検討する。

ローソンは、ユナイテッド・シネマの買収で18年度にエンターテインメント事業の売上高3500億円、営業利益150億円の達成を目指す。

(47NEWS「ローソンがシネコン買収 国内3位、100億円」より 2014/08/05 23:46)

買収によって、映画関連グッズをコンビニで売ることで双方の客を増やすなど、相乗効果をねらう。劇場でコンサートやスポーツイベントを中継することも検討しているという。

小売業界では、アニメや映画といったエンターテインメント事業を新たな収益源として育てるとともに、チケットの販売などを通じたコンビニやスーパーへの集客力の強化を目指す動きが相次いでいる

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

ユニクロビジネスの軌跡 写真集