ニュース

テイラー・スウィフト、がん闘病中の6歳少年と一緒に歌い、踊る(動画)

2014年08月07日 15時26分 JST | 更新 2014年08月07日 15時33分 JST

6歳の少年ジョーダン・リー・ニッカーソンくんの日常に突然訪れた、思いがけない出来事。

ジョーダンくんは現在、ボストン小児病院で白血病治療のため化学療法を受けている。彼のもとへ、おどろきの見舞客が訪れ、1週間近く共に過ごした。

その見舞客とは、彼が世界一大好きなシンガー、テイラー・スウィフト。


Facebookに投稿された動画で、テイラーとジョーダンくんは一緒に歌い、踊っている。ジョーダンくんは大笑いし、ビートに乗って楽しんでいる。

「私はテイラー・スウィフトのファンではありませんが、こんなに可愛らしい姿を見たのは初めてです」。あるYouTubeユーザーは、動画を見てコメントを残している。

テイラーはジョーダンくんを訪ね、一緒に過ごした。ジョーダンくんはウィリアムズ症候群の患者である。ウィリアムズ症候群とは、まれに生じる遺伝子疾患であり、症状として、発達障害や心血管の問題などが挙げられる。テイラーとジョーダンくんは、スーパーヒーローについて話したり、一緒にエアホッケーをしたりした。

「(テイラー・スウィフトは) 素晴らしい人。彼女のおかげで、輝くような日々を過ごすことができました!」少年の家族はフェイスブックに投稿している。



テイラーは、ファンと時間を共にする活動でも有名だ。

3月、テイラーは、5時間近くにわたってファンの若者やその家族と過ごした。ニューヨークのメモリアル・スローン=ケタリング・キャンサー・センターでのことだ。その1週間ほどのち、24歳のスウィフトは再びファンとの時間を過ごす。場所は、ロードアイランドのハスブロ・チルドレンズ病院だった。

今年に入ってからも、テイラーは大きな評判を呼んだ。あるファンの、結婚を祝うパーティにサプライズ参加したのだ。「信じられない。(彼女が) 来てくれたなんて」。ジーナ・ガブリエルのインスタグラムでの言葉だ。テイラーがパーティに思いがけず現れた時に投稿されたものである。ガブリエルによれば、彼女はテイラーをパーティに招待してはいたが、まさか実際に来てくれるとは想像もしなかったという。

ファン想いのテイラー。真の一流アーティストと言っていい。

English Translated by Gengo]

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

心温まる初対面