ニュース

祖母の被爆体験を描いたウェブ漫画「原爆に遭った少女の話」とは

2014年08月10日 18時15分 JST | 更新 2014年08月10日 19時05分 JST
さすらいのカナブン

広島で被爆した祖母の体験を元に描いた「原爆に遭った少女の話」がネット上で「何度もこみ上げるものがある」「沢山の人に読んでもらいたい」と話題になっている。

主人公は、作者の「さすらいのカナブン」さんの祖母、雨田豊子さん。出征で男手が減る中、路面電車の運転手育成のために設立された広島電鉄家政女学校の1期生として1943年に入学。勉強のかたわら、運転手や車掌を務めていた。

1945年8月6日、宇品方面に電車を運転中に、原爆の閃光を浴びた。幸い生き延びたものの、多くのクラスメートの死に直面した。3日後に復旧した路線の運転を続けたが、終戦で女学校は廃校になった。戦争の中でたくましく生きる姿が、淡々としたタッチで79ページの作品にまとめられている。

作者が中学生のとき、祖母に「絵がうまいけえ、御幸橋の上で見た被爆者の絵を描いて」と頼まれたのが、漫画を描くきっかけになったという。ネット上では以下のような反響がある。

雨田豊子さんのいとこで、2期生の小西幸子さんを主人公とした「 ヒロシマを生きた少女の話」も現在執筆中。下書き状態ではあるが、99ページの作品となっている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

原爆投下直後の広島