ニュース

トルコ大統領選、エルドアン首相が勝利宣言

2014年08月10日 21時07分 JST | 更新 2014年08月10日 21時07分 JST
Reuters

トルコで10日に投票が行われた同国初の国民による直接投票の大統領選挙は、エルドアン首相が勝利した。

トルコのテレビ局は、エルドアン首相の得票率が52%で、2番手の候補者を13ポイント上回り、決選投票に持ち込まずに当選を決めたと伝えた。

高等選挙委員会も、開票率99%超の時点でエルドアン首相の得票が過半数に達したことを明らかにした。暫定結果の全容は11日発表される。

エルドアン首相は、公正発展党の本部で支持者に向け演説を行い、「今回の選挙で勝利したのは私ではなく、国民の意思、民主主義だ。われわれは、1つの時代に終わりを告げ、新たな時代に進んでいく」と述べた。

エルドアン首相は「国家、そして国民のために尽力する大統領」になることを強調。「融和」路線を取る姿勢を示し、独裁的との批判を一蹴した。

勝利が確定した後、8月28日に大統領に就任する予定。公正発展党はエルドアン氏の後任候補を決める手続きに入ることになる。ダブトグル外相が有力候補とみられる。

CNNトゥルクやNTVなどの報道によると、2番手のエクメレッディン・イフサンオール候補の得票率は38.5%。同氏は選挙結果について短い声明を発表し、エルドアン氏に祝辞を送った。

トルコ大統領選挙