ニュース

1945年。終戦直後の日本の人々の姿をカメラが捉えた(画像)

2014年08月13日 01時20分 JST | 更新 2014年08月13日 01時29分 JST

1945年8月15日。日本は、連合国軍によるポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した。その後、8月30日、連合国軍最高司令官、ダグラス・マッカーサーが来日。GHQによる統治が始まった。アメリカ軍の写真班が、当時の日本の姿を残している。この中には、9月27日、マッカーサーと昭和天皇が会見した際の有名な写真も含まれている。

1945年の日本

【終戦関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています