ニュース

タイ、保護された乳幼児9人の「父は同一人物」 DNA鑑定で判明

2014年08月12日 14時57分 JST | 更新 2014年08月12日 15時00分 JST
NICOLAS ASFOURI via Getty Images
TO GO WITH Thailand-social-health-sex,FEATURE by Amélie BOTTOLLIER-DEPOIS This picture taken on October 29, 2013 shows pregnant teenager Ying (R), 16, touching the baby of another woman (L) at the Association for the Promotion of the Status of Women (APSW) in Bangkok. Despite its anything-goes image, Thailand has a conservative streak, meaning that young people are told to abstain from intercourse altogether instead of being educated about using protection, a situation that experts say has driven soaring rates of teenage pregnancy. AFP PHOTO / NICOLAS ASFOURI (Photo credit should read NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)

タイの首都バンコクで日本人男性(24)のマンションから乳幼児9人が保護された問題で、タイ国家警察幹部は8月11日、乳幼児9人の父親が同一人物であるとするDNA鑑定の報告書を受け取ったことを明らかにした。時事ドットコムなどが報じた。

日本人男性が父親かどうかは確認できていない。男性は問題発覚後、タイを出国しマカオに向かったことが分かっており、警察は男性の弁護士を通じ、男性にタイに戻り警察に事情を説明するよう求めているが、国家警察幹部は「男性が戻ってくるかはまだ確認できていない」と述べた。

男性は保護された9人のほかに昨年から今年にかけ、代理出産で生まれたとされる乳幼児4人をタイからカンボジアに連れ出したと伝えられるなど、謎が深まっている。

(時事ドットコム『乳幼児9人、「父は同一」=DNA鑑定で判明-タイ警察』より 2014/08/11 21:52)

地元紙タイ・ラットによると、代理母の中には30万バーツ(約100万円)を報酬として受け取っていた例もあったという。

また、警察は共同通信の取材に対し、男性が代理出産で産ませたとみられる乳幼児は計13人で、ほかに妊娠している代理母が1人いると明らかにしている。さらに乳幼児が確認されたとの報道もあるという。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

ダウン症の子を出産したタイ人の代理母