ニュース

臨死体験を味わえる恐怖のフリーフォール【動画】

2014年08月16日 23時45分 JST
Theme Park Review

デンマーク第2の都市オーフスにあるテーマパーク「Tivoli Friheden」の「スカイタワー」は、フリーフォール系ライドの一種だが、なんとブレーキを備えていない。なぜなら、そもそも「乗り物」がないからだ。

つまりこのアトラクションでは、まさに身ひとつで、高さ40メートルの塔の上から、30メートル下のネットへ降下する。テーマパークのウェブサイトによれば、落下中の最高速度は時速90キロに達し、ネットに受け止められたときには4Gの負の加速度を体験できる。

この「ライド」は、世界中に数多くあるSCAD(Suspended Catch Air Device)タワーのひとつだ。「GIZMOPOD」によると、その怖さは、研究者が臨死体験のシミュレーションに使うほどだという。

だが、ご心配なく。塔の上まで行ってから気が変わっても、名誉ある撤退の道は残されているようだ。「リフトに乗って上まで登り、景色を楽しむだけでもいいのです」とウェブサイトには書かれている。

冒頭の動画を見ても、まだやってみたいと思った人は、条件について知っておこう。まず年齢が14歳以上で、体重が50キログラム以上、120キログラム以下であること。

そして、腰痛や心臓疾患、高血圧症、てんかんなどの疾病がある人、骨折や傷口が完治していない人、あるいは(当たり前だが)高所恐怖症の人はダメだ。妊娠中の女性、アルコールやドラッグの影響が残っている人も挑戦できない。

[Ed Mazza(English) 日本語版:水書健司/ガリレオ]

Unbelievable Theme Parks in Europe

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています