ニュース

3Dプリンター製のサックスが登場 気になる音色は?【動画】

2014年08月18日 16時44分 JST | 更新 2014年08月19日 19時27分 JST

3Dプリンターといえば、フィギュアから義足まで、ありとあらゆる造形物を手軽に作成できるのが特徴だが、複雑にパーツが絡み合った物は難しいとみられてきた。しかし、スウェーデンの大学教授オラフ・ディーゲルさんは、楽器のアルトサックスを3Dプリンターで作ることに成功。演奏動画をYouTubeにアップしている。

解説では「私はサックスの演奏者ではない」としながらも、ちゃんと演奏している。音程がずれていたり空気漏れがあるが、次回作では完璧になるという。ネジやバネをのぞくと41個のパーツでできており、通常のアルトサックスの4分の1程度の575グラムと軽量。重い金属製の楽器が3Dプリンター製に代替わりする日が、いつかやってくるのだろうか。

【※訂正】サックスのことを「金管楽器」とした箇所がありましたが、正確には木管楽器です。「金属製の楽器」と訂正いたしました。(2014/08/19)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

無印良品 3Dプリンターで作れるフィギュア