Huffpost Japan

三木谷浩史さん、乙武洋匡さんら氷水かぶる【アイスバケツ・チャレンジ動画】

投稿日: 更新:
印刷

oricon style

乙武氏らが公開「氷水」かぶり 難病支援願う

作家でタレントの乙武洋匡氏が21日、東京タワー正面玄関でALS(筋萎縮性側索硬化症)と呼ばれる難病の認知度向上を目指すチャリティー活動『アイスバケツチャレンジ』を行った。

乙武氏は、「僕も多くの方に病気のことを知ってもらいたい」と趣旨に賛同し、「早く治療法が見つかることを心から願っています。お願いします!」と覚悟を決めると、野球解説者の古田敦也氏に頭から氷水が入ったバケツをかけられ、びしょ濡れに。また、古田氏も自ら頭に氷水をかけた。

同チャレンジは、挑戦に指名された者が24時間以内に“氷水”をかぶるか、100ドル寄付するかを選択するという仕組みで、ミッションクリア後には次なる挑戦者3人を指名。海外では映画スターなどが参加し、日本でも歌手の浜崎あゆみ、AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏とAKB48の渡辺麻友が頭から氷水をかぶる映像を公開し、話題を集めている。ちなみに、乙武氏は、次の3人に楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏、俳優の伊勢谷友介、綾小路翔を指名。三木谷氏は同イベントでミッションをクリアした。

この日は、一般財団法人「ジャスト・ギビング・ジャパン」とALSの支援に取り組む一般財団法人「END ALS」が、啓発・支援活動を日本でも広めるために実施され、参加者は全員寄付を行った上でチャレンジを行った。

そのほか、ジャスト・ギビング・ジャパン代表理事の佐藤大吾氏、ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス代表取締役社長兼CEOの福田淳氏、マッキャン・ワールドグループホールディングス代表取締役社長兼CEOの片木康行氏、モメンタム ジャパン代表取締役会長の並木博氏、空手家・格闘家のニコラス・ペタス、女優の小山内あやらが挑戦したほか、END ALSの創設者・藤田正裕氏も出席した。

【関連記事】

他のサイトの関連記事

ロンブー淳、頭から「氷水」かぶる - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w

三木谷浩史 H. Mikitani (hmikitani) on Twitter