NEWS

富士総合火力演習、自衛隊が一般公開 国内最大規模の実弾射撃訓練【画像】

2014年08月24日 14時54分 JST
時事通信社

陸上自衛隊による国内最大規模の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」が8月24日、静岡県の東富士演習場で行われ、一般にも公開された。敵に占領された離島を奪還するという想定で、陸海空3自衛隊が統合作戦を展開。実弾約44トン(約3億5千万円相当)を準備したという。47NEWSが報じた。

訓練は、昨年12月に閣議決定された「防衛計画の大綱」と、これに基づく中期防衛力整備計画(中期防)を踏まえ(1)部隊の事前配置(2)機動展開(3)奪回―の3段階に分けて実施。海洋進出を活発化させる中国などを意識し、離島防衛強化をアピールする狙いがある。

(47NEWS「陸自、最大規模の総合火力演習 離島奪回想定で統合作戦」より 2014/08/24 10:17)

この演習は1961年から毎年実施されている。

■見学に訪れた人は…

こちらは、昨年の演習の様子。

富士総合火力演習【2013年8月24日】

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています