Huffpost Japan

エボラ熱の未承認薬「Zmapp」投与のリベリア人医師が死亡

投稿日: 更新:
EBOLA
8月25日、リベリアのブラウン情報相は、エボラ出血熱に感染し、未承認の治療薬「ZMapp」の投与を受けていた医師アブラハム・ボーボー氏が死亡したと明らかにした。モンロビアで17日撮影(2014年 ロイター) | Reuters
印刷

[モンロビア 25日 ロイター] - リベリアのブラウン情報相は25日、エボラ出血熱に感染し、未承認の治療薬「ZMapp」の投与を受けていた医師アブラハム・ボーボー氏が死亡したと明らかにした。

エボラ出血熱の感染が拡大している同国では、入手した「ZMapp」をボーボー氏を含む医師3人に投与。当初は良好な反応を示していたとしていたが、ボーボー氏は24日に死亡した。

リベリアでエボラ出血熱に感染し、米国に帰国後、病院で治療を受けていた米国人医師と医療スタッフの2人は、ZMapp投与を受け、前週無事に退院した。ZMappの効用をめぐり楽観的な見方が広がったが、ボーボー氏の死でこうした期待が後退する可能性がある。

Also on HuffPost:

Close
エボラ出血熱 
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

コンゴで別ウィルスによるエボラ熱発生、英国では初の感染者が帰国

エボラ熱、コンゴで西アフリカと別に発生確認

富士フイルムのインフル薬

エボラ熱、アフリカで入国制限広がる 感染国孤立の恐れ

エボラ蔓延の真の元凶は文化格差

英国人看護師がエボラ熱に感染 シエラレオネ

コートジボワール国境封鎖 エボラ熱地域の孤立深まる