NEWS

【黒人少年射殺】マイケル・ブラウンさんを追悼して、大学生が授業をボイコット (画像)

2014年08月26日 21時15分 JST | 更新 2014年08月26日 21時15分 JST
Twitter: OBS_StL

8月25日、ミズーリ州セントルイス郡ファーガソンで警官に射殺された黒人少年マイケル・ブラウンさんを追悼するため、複数の大学の学生が授業をボイコットした。

同日にはブラウンさんの葬儀が執り行われたが、本来であればこの日、セントルイスにあるバッターロット大学の授業に出席していたはずだった。

ブラウンさん殺害を機に立ち上げられたウェブサイト「HandsUpUnited.org」では、ファーガソンの青年たちは、ブラウンを追悼し、警察の暴力と人種差別に抗議する目的で、学生にボイコットを呼びかけた。

「Hands Up」というスローガンの意味は、目撃者のメディアへの証言から、ブラウンさんが抵抗しないという意志を示すため両手を挙げたにもかかわらず、警官が射殺したと見られているからだ。しかし、ブラウンの親族に依頼された病理学者は、ブラウンが撃たれた際に手を挙げていたかどうかは断定できなかった

ボイコット参加者は国民的議論を呼びかけ、オバマ大統領にファーガソン訪問を要求し、司法省に警察の残虐行為と人種差別を国家規模で見直すことを求めた。また、警察署にカメラを設置し、人種差別的な行為や過度な権力を行使していないかを記録し、過度な権力を行使した警察官に対しては速やかに無給の停職処分を与えることを要求した。

参加者は週末から8月25日朝にかけて、このイベントTwitter宣伝した。ワシントンにあるハワード大学の学生は、両手を挙げている集団の写真を掲載した。

8月25日に#Walkout(ボイコット)して#HandsUp(両手を上げよう)しよう #Ferguson #TurnUp

マイク・ブラウンさんは8月25日、授業に出席できない。ミズーリ州ファーガソンと連帯して全国学生ボイコットを実施しましょう

ボイコットはブラウンさんが出席するはずだった25日の午後1時に実施された。参加者は写真やビデオをオンラインで共有するよう奨励された。活動家は、ハッシュタグ#HandsUpWalkoutを使用してソーシャルメディア上でボイコットの画像を投稿した。

シラキュース大学 @SyracuseU の学生は、ファーガソン #Ferguson で殺害されたマイケル・ブラウンさん #MikeBrown を追悼してハンズアップボイコット #HandsUpWalkOut に参加しています。詳細はこのあとすぐ。

ジョージ・メイソン大学!RT @missusmonroe: #HandsUpWalkOut #GMU

参加校の公式な一覧はないが、セントルイスのワシントン大学、ジョージ・メイソン大学、シラキュース大学、アンティオック大学、セワニー大学、カンザス大学などが含まれる。

ワシントン大学の学生は#JusticeForMikeBrown #HandsUpWalkOut #HandsUpDontShootを支持しています

アンティオック大学 #AntiochCollege の学生、教職員は、今日、マイケル・ブラウンを追悼するために #HandsUpWalkOut イベントに参加します #HandsUp

「私たちは、自分たちが住んでいる世界が不公平であると気がついていない人々と、困難な話し合いをしなければなりません」 #HandsUpWalkOut

写真: @BSA_GMUによって実施されたHandsUpWalkOut集会のためにメイソン像に集まった学生。Amy Rose撮影。

English Translated by Gengo

ミズーリ州ファーガソンで黒人少年射殺

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています