NEWS

死刑執行 2001年武富士放火事件の小林光弘死刑囚ら2名

2014年08月28日 23時48分 JST | 更新 2014年08月28日 23時54分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
Japanese Justice Minister Sadakazu Tanigaki announces the execution of Tokuhisa Kumagai, who was convicted of shooting in the head and robbed the owner of a Chinese restaurant in May 2004, at a press conference at his office in Tokyo on September 12, 2013. Japan hanged the 73-year-old robbery-murder convict, bringing to six the number of death-row inmates executed since the conservative government came to power in December. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

法務省は8月29日、2人の死刑を執行した。2012年12月に第二次安倍政権が発足してから、谷垣法相のもと、6回にわたって合計11人に死刑が執行されたことになる。

法務省によると、執行されたのは2001年に消費者金融・武富士弘前支店(青森県弘前市)に放火して従業員5人を殺害するなどした小林光弘死刑囚(56=仙台拘置支所で執行)と、群馬県安中市で2001〜05年、配下の組員を射殺するなど3件の殺人事件に関与した山口組系暴力団の元組長・高見沢勤死刑囚(59、東京拘置所で執行)。



(朝日新聞デジタル「2人の死刑執行 武富士支店放火の小林死刑囚ら」より 2014/08/29)

【死刑執行関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています