NEWS

延長50回で決着、中京が3-0で崇徳を破る 両エース完投【軟式高校野球】

2014年08月30日 23時05分 JST | 更新 2014年08月30日 23時07分 JST
Twitter/ettheater

球史に残る激闘が、ついに終わった。

第59回全国高校軟式野球選手権大会の7日目を迎えた8月31日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で行われた中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の準決勝は大会史上初の4日目にもつれ込んだ。3度のサスペンデッドゲーム(一時停止試合)を経て、この日は延長46回から再開。延長50回で、中京が得点し3-0で勝利を収めた。日刊スポーツなどが報じた。

46回から再開。50回表、中京は無死満塁から2番後藤敦也内野手(3年)の適時打で2点。さらに1点を加え3点。その裏を無失点に抑え、4日間に及んだ死闘にピリオドが打たれた。

(日刊スポーツ「延長50回、高校軟式野球ついに決着」より 2014/08/31 10:12)

両エースは、ともに4日間50イニングを投げ抜いた。

45回を投げ抜いてきた中京・松井、崇徳・石岡の両投手がこの日も登板。(中略)中京の松井は709球、崇徳の石岡は689球、ともに4日間50イニングを完投した。

(朝日新聞デジタル「延長50回で決着、中京が勝利 軟式高校野球準決勝」より 2014/08/31 10:16)

大会の試合規定では、延長は54回までで勝敗がつかない場合は、抽選で決勝進出を決めることになっていた。

中京は同日、12時30分から行われる決勝戦で三浦学苑(関東・神奈川)と対戦する。

■Twitterの声

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています