NEWS

自動販売機が「クィ、クィ、クィ、地震です!」音声で緊急地震速報

2014年09月02日 15時55分 JST | 更新 2015年02月21日 23時49分 JST

音声系報機能付き自動販売機

北海道コカ・コーラボトリング(北海道コカ・コーラ、札幌)は9月1日、釧路市役所をはじめとする市内3カ所に設置した自動販売機で、緊急地震速報を音声で通知するサービスの運用を開始した。災害情報を音声で知らせる仕組みは、全国初の取り組みとなる。

これらの自動販売機には、気象庁の緊急地震速報や津波警報、地方公共団体などの災害・避難情報をメールで配信するNTTドコモの「緊急速報エリアメール」をFOMA回線でタイムリーに受信する機器を搭載。震度5弱以上の地震が予測される場合には、パトランプを点灯させるとともに「クィ、クィ、クィ、地震です!」という音声で警告する。

automaticvendingmachinedisasterwarning

北海道コカ・コーラの担当者はハフポスト日本版の取材に対し、コカ・コーラグループはこれまで、災害時の避難場所や地図情報をリアルタイムに発信する電光掲示板付き自動販売機の導入を進めてきたと述べた。2013年12月末時点では、全国に7400台の災害対応自動販売機を設置しているという。

なかでも北海道では1300台と、他の地域に比べて人口構成に対する設置比率が高い。釧路市は災害対応自動販売機の導入理由について、次のような内容をあげている。

釧路市では去年、津波による浸水予測を見直した結果、浸水のおそれがある地域の面積がおよそ4倍に増えましたが、新たに予測された地域には防災行政無線が少ないのが現状です。釧路市によりますと、今後、情報を出すうえで効果的な場所を検討し、設置者やメーカーと調整して設置箇所を増やしていきたいとしています。
 
(NHKニュース「自販機が緊急地震速報を発信 NHKニュース」 より 2014/09/01 20:13)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています