Huffpost Japan

ベネッセ、全国学力調査を落札 文科省「情報漏洩はない」と判断

投稿日: 更新:
BENESSE
(写真はイメージ)経営方針を説明するベネッセホールディングス(HD)の原田泳幸会長兼社長=2日午後、東京都千代田区 撮影日:2014年07月02日 | 時事通信社
印刷

ベネッセ、全国学力調査を落札 採点・集計の委託業務

2015年度の全国学力調査の小学6年生分の採点や集計を委託する一般競争入札で、通信教育大手ベネッセコーポレーションが落札した。ベネッセは7月に顧客情報が大量に流出して情報管理のあり方が問題になったが、今回の受注は現在の学力調査が始まってから9年連続。文部科学省は今月中にも契約を結ぶ方針だが、保護者の不安に配慮して経緯を説明するよう求める声もある。

入札があったのは8月28日で、2社が参加した。一般競争入札方式を導入した第2回の08年度分から1社応札が続いていたが、今回、初の複数応札となり、ベネッセが選ばれた。文科省の担当者は選定理由について「採点などの技術と入札価格の両方を点数化して判断した」と話している。

ベネッセをめぐっては、通信講座などのサービスで顧客の個人情報の流出が7月9日に明らかになった。これを受けて文科省は、4月にあった学力調査で情報が漏れていないか調べたところ、流出した顧客情報などと学力調査では管理するデータベースが異なることを確認し、情報漏洩(ろうえい)はないと判断したという。

asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供) 

他のサイトの関連記事

ベネッセ、全国学力調査を落札 採点・集計の委託業務