ニュース

【改造内閣支持率】読売64%、日経60%と前回より上昇 世論調査、毎日は47%で横ばい

2014年09月05日 00時54分 JST | 更新 2014年09月06日 01時00分 JST
時事通信社

第2次安倍改造内閣が9月3日に発足したことを受け、新聞社各社やテレビ局は緊急の全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率について、読売新聞社は64%、日経新聞社は60%、共同通信社は54.9%でともに8月の前回調査よりも上昇、毎日新聞社は47%で前回調査と同じだった。

毎日は、不支持率は32%で2ポイント減ったと伝えている。

新内閣には歴代最多と並ぶ女性閣僚5人が就任し、地方創生担当相などの新設ポストで新鮮さをアピール。一方で菅義偉官房長官ら主要閣僚を留任させ、政策の継続性も重視したため、内閣改造が支持率に与える影響が小さかった可能性がある。

内閣を「支持する」と答えた人に理由を尋ねたところ「指導力に期待できるから」が30%で最多。「政策に期待できるから」と「政治のあり方が変わりそうだから」がともに24%で続いた。

(毎日新聞「世論調査:改造内閣支持率横ばい 谷垣幹事長に47%評価 - 毎日新聞」より 2014/09/05 05:00)

内閣支持率について、読売は改造前の前回調査から13ポイント、日経は11ポイント、共同通信は5.1ポイントそれぞれ上昇した。読売は、支持率回復について、安全保障法制の整備など重要課題に取り組む安倍首相にとって「追い風となりそうだ」と報じている。

また、共同通信の世論調査では、安倍改造内閣を「評価する」との回答は46.9%で、「評価しない」の31.8%を上回った。2015年10月からの消費税率10%への引き上げに反対との回答が68.2%に上った、と伝えている。

首相は再増税について、経済状況を見極めて判断する意向を示している。再増税を警戒する世論の動向も踏まえ、慎重に検討して結論を出すことになりそうだ。

(47NEWS『改造内閣「評価する」46% 共同通信世論調査』より 2014/09/04 17:48)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

第2次安倍改造内閣(2014/09/03)