NEWS

小栗旬主演『信長協奏曲』 "月9"枠初の時代劇が10月スタート 主題歌はミスチル新曲

2014年09月05日 15時41分 JST
時事通信社

oricon style

小栗旬主演『信長協奏曲』10月期“月9”枠に登場 主題歌はミスチルの新曲

7月からテレビアニメ、10月から連続ドラマ(実写)、その後、劇場映画(実写)へと展開していく、フジテレビ開局55周年記念プロジェクト『信長協奏曲(コンツェルト)』(原作:石井あゆみ/小学館『ゲッサン』)。俳優・小栗旬主演の連ドラが“月9”枠(毎週月曜 後9:00)で10月13日より放送開始されることが5日、わかった。1980年代後半の放送開始当初からトレンディドラマの代名詞でもあった“月9”で、“時代劇”が放送されるのは初めて。また、ドラマ主題歌はMr.Childrenの書き下ろし新曲が13年ぶりに同枠で起用される。

勉強が苦手で歴史についても無知という、どこにでもいそうな高校生のサブローが、突然、戦国時代(1549年)にタイムスリップしてしまい、そこで出会った自分の顔とそっくりな本物の織田信長に、「病弱な自分に代わって、織田信長として生きてほしい」と頼まれ、天下統一を目指すという物語。連ドラと劇場映画では、小栗がサブロー役、そしてサブローが出会う本物の織田信長を一人二役で演じる。

誰もが知っている信長が、現代からタイムスリップした普通の高校生だったという斬新な設定のもと、弱小大名にすぎなかった織田家の若武者たちが、未来から来たサブローの力によって「天下統一」という途方もない夢に向かっていく姿を、戦国時代を舞台にした青春群像として描き出す。

Mr.Childrenが“月9”ドラマに主題歌を提供するのは、『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』(2001年10月期)の「youthful days」以来、13年ぶり。(2010年1月期の月9『コード・ブルー―ドクターヘリ救急救命―2nd season』の主題歌「HANABI」は、2008年7月期の木曜劇場『コード・ブルー―ドクターヘリ救急救命―』の主題歌として書き下ろされた楽曲のため)。

新曲について桜井和寿は「このドラマの背中を押したくて、また自分達にも、新しい風を吹かせたくて気負い過ぎていたのでしょう。何曲作っても納得できなくて、何度も何度も手直しして、やっと『これだ!!!』って曲が完成しました。強さと優しさを併せ持つそんな曲を、『信長協奏曲』からプレゼントされた、そんな気持ちです。ありがとう。また次の一歩を踏み出せます」と話している。

【関連記事】

関連記事

映画「ルパン三世」画像集