NEWS

【沖縄メッセージ】昭和天皇実録では直接触れず 沖縄の軍事占領継続を望んだのか?

2014年09月09日 16時29分 JST | 更新 2014年09月09日 19時21分 JST
Keystone via Getty Images
circa 1945: American soldier General MacArthur with Japanese Emperor Hirohito (1901 - 1989) at the United States Embassy in Tokyo. (Photo by Keystone/Getty Images)

昭和天皇の生涯を克明に記録した「昭和天皇実録」が、9月9日に公開された。アメリカ軍が沖縄の軍事占領を継続することを昭和天皇が望んだとされる「沖縄メッセージ」について直接触れず、アメリカ側の資料を紹介しただけに止めた。

「沖縄メッセージ」とは、終戦から2年後の1947年9月19日、昭和天皇が側近の寺崎英成を通じて、GHQ外交局長のウィリアム・ジョセフ・シーボルト氏に伝えたとされる昭和天皇の意向。

1979年にアメリカ国立公文書館でシーボルト氏が残した文書が見つかり、1947年当時、天皇がアメリカによる琉球諸島の軍事占領継続を望んでいたことや、沖縄占領は日米双方に利益をもたらし、共産主義勢力の増大を懸念する日本国民の賛同も得られるなどと述べていたことが記されていた。

朝日新聞デジタルでは昭和天皇実録での記述を次のように報じている。

午前、内廷庁舎御政務室において宮内府御用掛寺崎英成の拝謁をお受けになる。なお、この日午後、寺崎は対日理事会議長兼連合国最高司令部外交局長ウィリアム・ジョセフ・シーボルトを訪問する。シーボルトは、この時寺崎から聞いた内容を連合国最高司令官及び米国国務長官に報告する。

この報告には、天皇は米国が沖縄及び他の琉球諸島の軍事占領を継続することを希望されており、その占領は米国の利益となり、また日本を保護することにもなるとのお考えである旨、さらに、米国による沖縄等の軍事占領は、日本に主権を残しつつ、長期貸与の形をとるべきであると感じておられる旨、この占領方式であれば、米国が琉球諸島に対する恒久的な意図を何ら持たず、また他の諸国、とりわけソ連と中国が類似の権利を要求し得ないことを日本国民に確信させるであろうとのお考えに基づくものである旨などが記される。

(朝日新聞デジタル「(特集・昭和天皇実録)沖縄へのまなざし 訪問の希望、かなわず」2014/09/09 05:00)

ただし、実録を編集した宮内庁は、「沖縄メッセージ」について「事実とは認定していない」としている。

「沖縄メッセージ」について宮内庁は、内容が記された資料が確認されていないことから、「沖縄の軍事的占領を希望していると話されたことについて、事実とは認定していない」と説明。ただし、国会で議論され、社会的影響もあったことから、米国側の資料の内容を実録に記載したという。

(朝日新聞デジタル「(特集・昭和天皇実録)沖縄へのまなざし 訪問の希望、かなわず」より 2014/09/09 05:00)

一方で、「沖縄メッセージ」を発見した進藤栄一筑波大学大学院名誉教授は「事実が確認された」として、次のように話している。

進藤氏は「事実が『実録』に確認されたことは、応分に評価できる」としたが、48年2月にも沖縄の長期占領を、寺崎を通してGHQに伝えていると指摘。「2度目の言及はなく、歴史事実を極小化している。官製正史の限界と本質を示している」と評した。

(沖縄タイムス『昭和天皇実録に「天皇メッセージ」沖縄訪問希望も』より 2014/09/09 11:10)

沖縄県公文図書館には、シーボルト氏の「沖縄メッセージ」の全文がPDFファイルで公開されている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

昭和天皇の生涯