NEWS

【エボラ熱】ゲイツ基金が約53億円を寄付へ

2014年09月11日 15時21分 JST | 更新 2014年09月11日 15時21分 JST
ZACHARIAS ABUBEKER via Getty Images
US businessman, inventor and philanthropist Bill Gates, co-chair of Bill and Melinda Gates Foundation, delivers a speech after receiving an honourary degree during a ceremony at Addis Ababa University in Addis Ababa, Ethiopia, on July 24, 2014. Bill Gates was awarded with an honorary doctorate degree from the University after his long-lasting support of development in Ethiopia. Health and agriculture development are key if African countries are to overcome poverty and grow, US software billionaire Bill Gates as he received an honourary degree in Ethiopia. AFP PHOTO / ZACHARIAS ABUBEKER (Photo credit should read ZACHARIAS ABUBEKER/AFP/Getty Images)

[ロンドン 10日 ロイター] - 米マイクロソフトの創始者ビル・ゲイツ氏が創設したビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金は10日、西アフリカで史上最悪の流行となっているエボラ出血熱の緊急対策に、5000万ドル(約53億円)を寄付すると表明した。

国連機関および国際機関に寄付し、流行地域での対策に向けた物資購入に役立ててもらう。官民と協力して薬やワクチン、診断器具の開発加速、治療および拡散防止に尽力するとしている。

グリーニング英国際開発相は寄付に歓迎を表明し「(エボラ熱流行による)健康、社会、経済的リスクに対応するには、国際社会全体が一段の努力を払う必要がある」と述べた。

ゲイツ基金はすでに1000万ドル以上をエボラ対策のため複数の機関に寄付しているほか、米疾病対策センター(CDC)に対し、対策強化資金として200万ドルを直ちに寄付することも表明している。

関連記事

エボラ出血熱