Huffpost Japan

911から13年、ワールドトレードセンターからグラウンド・ゼロへと移り変わったニューヨークの光景(画像)

投稿日: 更新:
印刷

13年前の9月11日、世界の誰もが知っていた超高層ビルが攻撃を受け、世界史を劇的に変えることとなった。

1973年に建設されたワールドトレードセンタービル。ニューヨークにそびえ立っていたこのビルが、狂信的なアルカイダの操縦するハイジャック機によってほんの数時間で倒壊させられた。

ペンタゴン(国防総省)への攻撃を企て、ペンシルベニア州に墜落した4機目の航空機を含めると、2977人もの市民が犠牲となった。

追悼のため、そしてテロに屈しないという意味も込めて、アメリカはグラウンド・ゼロと名付けられた倒壊現場と同じ場所に、以前よりも高いビルを建設する決定をした。

ワン・ワールドトレードセンタービルの高さは1776フィート(約541m)。これはアメリカの独立宣言が行われた年にちなむ。

このスライド写真は、あの日に起きた惨劇と、追悼のためにその後倒壊現場に作られたものと、顕著な対照を写し出している。

矢のついたツールを左から右にスライドして、写真を比較してほしい。
※パソコンでのみ比較写真が見られます

before
before

自由の女神像とともにマンハッタンの高層ビルが遠くに見える。


before
before

ツインタワーとエンパイアステートビル。後ろにフリーダムタワー。


before
before

ニューヨークの人たちがブルックリン橋を渡って猛烈な塵埃を逃れている。


before
before

2つの巨大タワーの残骸が残された全くの壊滅状態から、それに代わるものの土台が作られた。


before
before

9/11の攻撃前のニューヨーク市の高層ビルと、ワン・ワールドトレードセンターが写し出されているその後。


Close
2014年9月11日、ニューヨーク。
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

English Translated by Gengo

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています