Huffpost Japan

スペースシャトル後継機は「ドラゴンV2」 イーロン・マスク氏の会社にNASAが委託【動画・画像】

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を運ぶ事業を、イーロン・マスク氏がCEOを務める「スペースX」社と、航空大手のボーイング社の宇宙船に委託すると9月16日に発表した

2011年にスペースシャトルが退役してから、アメリカは有人宇宙飛行をロシアのソユーズ宇宙船に頼ってきた。ウクライナ情勢をめぐってロシアとの関係が悪化したことで、自国の技術で宇宙飛行士を運搬する必要があると判断したようだ。

使用される宇宙船は、スペースX社の「ドラゴンV2」と、ボーイング社の「CST100」。いずれも7人乗りで、月面有人探査のアポロ宇宙船に似た円錐形の機体。2017年の実用化を目指す。

両社が宇宙船を所有し、ISSまで宇宙飛行士を届けて帰還するまでの運用も行う。委託金額はボーイング向けが約4500億円、スペースX向けが約2800億円となっている。両社は試験飛行を経た後、NASAの委託を受けるかたちで2~6回、ISSまでの有人飛行を行う予定だ

宇宙船を打ち上げるロケットについて、宇宙ニュース専門サイトの「sorae.jp」では次のように報じている。

ボーイング社が開発しているのはCST-100と呼ばれるカプセル型の宇宙船で、打ち上げはロッキード・マーティン社が開発したアトラスVロケットを使用する予定だ。スペースX社が開発しているドラゴンV2もやはりカプセル型の宇宙船で、こちらは自社開発したファルコン9ロケットを使い打ち上げられる。

( sorae.jp「NASA、民間有人宇宙船の開発にボーイング社とスペースX社を選定」より 2014/09/17)

Close
「ドラゴン宇宙船」画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


■NASAは「火星旅行」に集中へ

2030年代に火星探査を目指す有人宇宙船「オリオン」をNASAは開発している。民間企業にISSへの輸送を委託することで、NASAは巨額の費用が必要となるオリオン計画に集中したい考えだ。チャールズ・ボールデン長官は、フロリダ州のケネディ宇宙センターで次のように話した。

「オバマ政権は以前から、地球上でもっとも偉大な我が国が、宇宙への輸送手段を他国に頼るべきではないことを明確に打ち出していました。オバマ大統領のリーダーシップ、そしてNASA職員や民間企業のハードワーク、そして議会のサポートのお陰で、アメリカの大地から私たちの宇宙飛行士を送り込むことに一歩近づいています。2017年までに、ロシアへの依存を終了することができそうです。地球の低い軌道の輸送を民間企業に任せることで、NASAは『火星に人間を送る』という野心的なミッションに集中できるようになります」

(NASA「宇宙飛行士をISSに運ぶためNASAはアメリカ企業を選んだ」より 2014/09/16)

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
Spacewalk Photos
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

SpaceX

シャトル後継、スペースXなど2社に NASAが委託へ:朝日新聞デジタル

CNN.co.jp : シャトル後継、ボーイングとスペースXを選定 米NASA

NASA宇宙タクシー事業、スペースXとボーイングが受注へ

ボーイングとスペースX、NASA宇宙タクシー事業受注へ

NASAの次期有人宇宙船、ボーイングとスペースXが開発へ

NASA「宇宙タクシー」、ボーイングとスペースXが68億ドル受注

世界の雑記帳:NASA宇宙タクシー事業、スペースXとボーイングが受注へ

民間有人飛行に痛手 スペースX社ロケット、再利用実験で爆発

首相、イーロン・マスク氏と会談 「スペースX」「テスラ」CEO

スペース X、静止通信衛星「AsiaSat6」を打ち上げ