NEWS

東京ゲームショウ2014が開幕 戦艦大和を疑似体験できるゲームが人気【画像150枚】

2014年09月18日 21時15分 JST | 更新 2014年09月21日 18時07分 JST

世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2014」が、9月20〜21日の2日間にわたって千葉市の幕張メッセで一般公開される。ハフポスト日本版では、9月18日のビジネスデーの模様を取材した。

東京ゲームショウ2014画像集

32の国と地域から過去最多の421の企業・団体が出展した。なかでも人気を集めていたのは、ウォーゲーミングジャパンのブース。東京ゲームショウ限定の特別出展として、戦艦大和の最後の出撃である「坊ノ岬沖海戦」を疑似体験するゲーム(下写真)がプレイできるようになっていた。

戦艦大和の主砲と2つの機銃を3人で操作して、敵の軍艦や戦闘機を撃破していくという内容だ。部屋いっぱいに投影されたプロジェクターにゲーム画面が映し出されて、迫力いっぱい。プレイを待ちわびる長い行列ができていた。

yamato

【UPDATE】画像集を100枚から150枚に増やしました。(2014/09/19 15:20)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

東京ゲームショウ2013