ニュース

イスラム国がシリア北部で攻勢、トルコのクルド避難民10万人超に

2014年09月21日 22時31分 JST
BULENT KILIC via Getty Images
Syrian Kurd families carry their belongings after they crossed the border between Syria and Turkey near the southeastern town of Suruc in Sanliurfa province, on September 20, 2014. Several thousand Syrian Kurds began crossing into Turkey on September 19 fleeing Islamic State fighters who advanced into their villages, prompting warnings of massacres from Kurdish leaders. Turkey on September 19 reopened its border with Syria to Kurds fleeing Islamic State (IS) militants, saying a 'worst-case scenario' could drive as many as 100,000 more refugees into the country. AFP PHOTO/BULENT KILIC (Photo credit should read BULENT KILIC/AFP/Getty Images)

イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」は21日までに、トルコとの国境に近いシリア北部の町アインアルアラブ(クルド名、コバニ)や周辺の村を制圧した。

国連によると、トルコに越境したクルド人避難民の数は10万人を超えた可能性があり、今後も増える見通しだ。

コバニや周辺地域から逃れたクルド人住民によると、イスラム国は制圧した地域で住民を年齢問わず処刑し、隷属を強いているという。

20日にコバニを訪れたトルコの親クルド政党HDPのイブラヒム・ビニチ氏はロイターに対し、「これは戦争というより大虐殺だ。彼ら(イスラム国)は村に押し入って1─2人の首を切断し、村人に見せつけている」と説明。「実に恥ずべき人道状況だ」と述べ、国際社会による介入を求めた。[シュリュジュ(トルコ)/ベイルート 21日 ロイター]

関連記事

イスラム国の襲撃から逃げてきたクルド人 画像集