NEWS

中国・ウイグル自治区で同時爆発 2人死亡、複数の負傷者

2014年09月22日 14時53分 JST | 更新 2014年09月22日 14時58分 JST
Getty Images via Getty Images
KASHGAR, CHINA - JULY 31: Chinese soldiers march in front of the Id Kah Mosque, China's largest, on July 31, 2014 in Kashgar, China. China has increased security in many parts of the restive Xinjiang Uyghur Autonomous Region following some of the worst violence in months in the Uyghur dominated area. (Photo by Getty Images)

[上海 22日 ロイター] - 中国・新疆ウイグル自治区の政府系ニュースサイト「天山網」は、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州ブグル県にある商店など、少なくとも3カ所で爆発が起きたと伝えた。2人が死亡し、複数の負傷者が出たという。

治安対策の強化で外国人記者の立ち入りは難しく、状況の確認がほぼ不可能な状況となっている。

天山網報道によると、負傷者の全員が病院に搬送された。現場は落ち着きを取り戻しており、当局の調査が進められている。

一方、死者約100人を出した7月28日の襲撃事件を受け、中国は現地の当局者など17人の処分を決定していた。

関連記事

天安門事件 写真集