ライフスタイル

【世界遺産】南イタリアのマテーラ、幻想的な"洞窟住居"の夜(画像)

2014年09月23日 18時29分 JST | 更新 2014年11月29日 00時08分 JST

1993年にユネスコの世界遺産に登録された南イタリアのマテーラ。

マテーラのあるグラヴィナ渓谷は、石灰岩の浸食によって形成され、サッシと呼ばれる洞窟住居が何層にも重なって作られている。その不思議な景観は、旅人や多くの建築家、アーティストたちを魅了してきたという。

夜になると、サッシの明かりが街を照らし、幻想的な世界が浮かびあがる。

世界遺産、南イタリアのマテーラ

【関連記事】

ヨーロッパの世界遺産の街

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています