Huffpost Japan

名古屋駅が冠水、地下鉄東山線が一部運転見合わせ 原因は?【画像】

投稿日: 更新:
印刷

9月25日午前3時ごろ、名古屋市営地下鉄東山線の名古屋駅構内に、大雨で大量の水が入り込み、地下2階の駅や線路が冠水した。ポンプで排水をしたが、線路の一部に水が残っているという。

午前5時半の始発から高畑(同市中川区)−池下(同市千種区)間で運転を見合わせた。午前10時半現在、岩塚(同市中村区)−池下間が不通となっており、振り替え輸送などが行われた。

(毎日新聞「地下鉄名古屋駅浸水:高層ビルの掘削工事が原因か」より 2014/09/25 11:44)

原因について、名古屋市交通局は、駅の北側で建設中の高層ビル「JPタワー名古屋」の掘削工事現場にたまった雨水が、地下鉄につながっていた仮設給気口を通ってあふれ出たとみて、施工業者の竹中工務店に調査を依頼した。

原因について名古屋市交通局の担当者は、駅に隣接する高層ビルの建設工事現場にたまっていた雨水が、ダクトを通って駅構内に漏れ出てきた可能性が高いという認識を示しています。

ビルの施工を請け負っている建設会社は、「名古屋市交通局から連絡を受けて現在、調査している。因果関係があるのかは、まだ分からない」と話しています。

(NHKニュース「地下鉄駅浸水 工事現場の雨水漏れ出たか」より 2014/09/25 12:16)

Also on HuffPost:

Close
【2013年9月4日】名古屋の豪雨
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

地下鉄名古屋駅の構内で浸水被害 NHKニュース - NHKオンライン

地下鉄名古屋駅、大雨で浸水 一部区間で運転見合わせ

大雨:市営地下鉄名古屋駅で浸水 一部運転見合わせ

名古屋駅で地下鉄ホームなど浸水 9/25 6:21更新

地下鉄・名古屋駅が浸水、運転見合わせも(愛知県)