NEWS

セアカゴケグモ、東京で初めて確認 三鷹のマンションや公園で十数匹

2014年09月25日 19時19分 JST | 更新 2014年09月25日 19時19分 JST
朝日新聞社

セアカゴケグモ、都内で初めて確認 三鷹で十数匹

東京都は25日、三鷹市のマンションで、毒グモのセアカゴケグモが都内で初めて確認されたと発表した。近くの公園でさらに十数匹が見つかったが、いずれも三鷹市が駆除し、健康被害は出ていないという。

都によると、24日午前11時ごろ、同市下連雀9丁目のマンションの住民から「1階の自宅の庭で、セアカゴケグモのようなクモを見つけた」と通報があった。保健所がクモを持ち帰って環境省に確認を依頼したところ、25日にセアカゴケグモと判明したという。

環境省によると、豪州原産のセアカゴケグモは1995年に国内で初めて大阪府で見つかって以降、34府県で報告されている。雌が神経毒を持ち、体長は1センチほどで、攻撃性は低いが、かまれると頭痛や筋肉痛などの症状が出る。都は「素手で捕まえたり、触ったりしないで」と呼びかけている。

redback spider

東京都三鷹市で発見されたセアカゴケグモ=東京都提供

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

【関連記事】