NEWS

エボラ出血熱、アメリカ国内で初の感染 疾病対策センター「手を洗えば簡単に殺菌できるウィルス」

2014年10月01日 21時03分 JST | 更新 2014年10月01日 21時03分 JST

アメリカ疾病予防管理センター (CDC) は9月30日、アメリカ国内で初めてエボラ出血熱の感染がテキサス州ダラスで確認されたと発表された。アメリカの放送局「CNBC」が報じた。

これまでは、アメリカ国外でエボラ出血熱と診断され、国内で治療を受ける事例だった。AP通信も事実を確認した。テキサスの地元局「WFAA」によると、感染が確認された患者は現在ダラスの病院で治療を受けている。

ダラスのテキサス・ヘルス・プレスビテリアン病院は29日、患者の一人がエボラ出血熱の検査を受けていることを発表した。患者は隔離され、CDC職員は、現地で医師団と面会するためにダラスへ向かった。

テキサス衛生当局の職員は、ダラス地域で爆発的に流行する可能性は非常に低いと、テキサスの放送局「KDFW」に語った。

CDCは30日の記者会見で詳細を発表した。

CDC所長のトーマス・フリーデン博士によると、感染した患者はリベリアからやって来たという。19日に現地を発ち、翌20日にアメリカへ到着したが、その間病気の症状はなかったという。発症したのは9月24日で、26日に診察を受け、28日ダラスの病院へ入院した。

フリーデン氏は、患者が最初に診察を受けた時になぜ帰宅させたのかと質問をされると、エボラ・ウィルスの初期は大抵の場合、普通の風邪と同じような症状が出ると説明した。CDCは救急診療を担当する医師たちに特に注意を払って渡航履歴を調べ、エボラ出血熱に類似するあらゆる検査を迅速に行うように指示したと述べた。治療は複雑だが、「アメリカ国内でエボラ出血熱の連鎖を食い止められると確信している」と、彼は述べた。

フリーデン氏は、患者がアメリカ国内にいる家族を訪問していること以外に、彼に関する多くの情報を開示しなかった。医師たちは彼の国籍、あるいは彼がアメリカ居住者なのか、旅行者なのかを明かさなかった。当局者は、彼が重症であり、病院が患者の家族や製薬会社と実験的な治療について議論していたことを認めた。

ダラス郡保健社会福祉所長のザッカリー・トンプソン氏は、患者に症状が出ているときに接触した可能性があるが、まだ病院で検査を受けていない人物に連絡を取って面会をするなど、公衆衛生面での対策を指揮している。患者が滞在中に直接的に接触したのは家族や1~3人のコミュニティメンバーだと想定される。彼らは全員、21日間にわたって診断と監視を受け、症状が出るかどうかを見極める。もし症状が出れば、その診断によって公衆衛生面の対策、つまり患者に症状が出てから接触のあった全員を特定し、それらの人々の監視を始めることになる。

「繰り返しになりますが、人数という点ではまだ対策が小規模かと思いますが、追加の情報があれば、住民のみなさんに報告をします」と、トンプソン氏は語った。また、CDCのサポートチームがダラスに向かい、患者と直接的な接触があった人々を監視するために州、現地、病院当局者の支援を行う。

公衆衛生当局者が慎重に幅広く感染の拡大を監視する一方で、フリーデン氏はエボラウィルスが一般のアメリカ国民にとって重大な脅威ではなく、隔離施設のある病院でエボラ出血熱と診断された患者を隔離し治療を行えることを改めて強調した。

「エボラウィルスは、手を洗えば簡単に殺菌できるウィルスです。手袋といった防護的な予防策でかんたんに防げます」と、フリーデン氏は語った。例えば、アメリカでは過去にウィルス性出血熱の患者が何人か出ており、ウィルス性出血熱の一つであるマールブルグウィルスに感染した患者は入院して手術を受け、標準的な衛生対策を行っただけで感染拡大を防止したと述べた。

現在、CDCでは130人のスタッフを西アフリカの国々に派遣し、ウィルスを封じ込めるための公衆衛生の対策を支援している。フリーデン氏は会見の中で、CDCが航空会社と共同でリベリア、シエラレオネ、ギニア、ナイジェリアの主要都市ラゴスでから出発する航空機の乗客全員に対し、搭乗前に熱がないかどうかを確認していると述べた。フリーデン氏は、症状が現れている人には搭乗を認めないという。

「エボラ出血熱は、誰かが発症しないと拡大しません。そして[アメリカの患者]は、飛行機を降りてから4日経過するまで発症しませんでした。ですから、その時に搭乗していた誰かに何らかのリスクがあるとは考えていません」と、フリーデン氏は語った。

エボラウィルスは、疾患の症状が出ている人の体液 (尿、唾液、大便、吐瀉物、血液を含む) との直接的な接触によってのみ拡大する。それは致死率が高く、最新の統計では、現在の爆発的流行でアフリカでは6500人以上が感染し、3000人以上が命を落とすことになった。

フリーデン氏は「アメリカ国内での感染拡大はを食い止められると私は確信しています」と述べ、会見を締めた。「しかしまた、アフリカで爆発的流行が続く限り、我々は警戒する必要があることも疑いの余地はありません」

English Translated by Gengo

エボラ出血熱 

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています