NEWS

香港デモ、中国外相「海外諸国は内政干渉すべきでない」【傘の革命】

2014年10月01日 20時38分 JST | 更新 2014年10月01日 20時46分 JST
ロイター

訪米中の中国の王毅外相は1日、香港の民主派デモについて、海外諸国は内政干渉すべきではないと述べた。

同相はケリー米国務長官との会談に先立ち「(中国政府は)非常に公式かつ明確に立場を表明している。香港の問題は中国国内の問題だ。すべての国が中国の主権を尊重すべきだ」と発言。

外相は、米国を含むすべての国は「治安を乱す不正行為」を容認すべきではないとし、「香港特別行政区特区政府には、法に従って事態に適切に対処する力があると信じている」と述べた。

ケリー国務長官は「香港当局が自制し、デモ隊の表現の自由を尊重することを強く期待する」と述べた。[ワシントン 1日 ロイター]

関連記事

香港民主化デモ