ライフスタイル

【世界遺産】トルコの真っ白な「綿の城」パムッカレは夕陽で虹色に輝く(画像)

2014年10月01日 19時05分 JST | 更新 2014年11月28日 23時39分 JST

1988年に、ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録された、トルコ南西部のヒエラポリス遺跡―パムッカレ。

石灰棚から地下水が湧きあがるパムッカレは、“綿の城”と呼ばれるほど美しい。

日中、真っ白な“綿の宮殿”は、夕暮れになると水面が夕陽を映しだし、淡く虹色に輝いている。

トルコの世界遺産「パムッカレ」の画像集

【関連記事】

ヨーロッパの世界遺産の街