NEWS

貧困ビジネスで6300万円脱税 生活保護費2万円だけ渡し残りをピンハネ

2014年10月03日 00時01分 JST | 更新 2014年10月03日 00時02分 JST
時事通信社

生活困窮者を無料・低額宿泊所に入居させ、生活保護費の大半を徴収する「貧困ビジネス」の手口で6381万円を脱税したとして、さいたま地検特別刑事部は10月2日、所得税法違反容疑で、宿泊所を運営する和合秀典(わごう・ひでのり)容疑者(72)=さいたま市南区=を逮捕し、関係先を家宅捜索した。地検によると、判明分だけでも2年間で約1億7千万円を稼いでいたという。朝日新聞デジタルなどが報じた。

地検によると、施設は入居者から生活保護費の全額を集め、食事などを提供。差額を売上金としていた。和合容疑者は売上金を他人名義の預金口座に入金するなどの方法で、2009年に約7933万円、10年に約9559万円の所得を隠し、計約6381万円を脱税した疑いがある。
 
(朝日新聞デジタル「低額宿泊施設の役員逮捕 生活保護費集め脱税容疑」より 2014/10/2 19:27)

和合容疑者は2002年頃から宿泊所「ユニティー出発(たびだち)」の運営を始めたとみられる。宿泊所は、さいたま市を中心に県内外に約50カ所あり、多い時期で約500人が入居していた。元入居者によると、入居者から毎月生活保護費約12万円を回収したあと、食事などの経費として約10万円を徴収。入居者に約2万円を渡し、残りをピンハネしていたとみられる。

和合容疑者は2009〜2010年に、入居者から徴収するなどして約1億7000万円の所得があったにも関わらず、他人名義の口座に入金するなどの手口で、2年間の所得を計316万円と偽っていたとされる。

元入居者らは2011年、生活保護費の返還と慰謝料の支払いを求めて、さいたま地裁に提訴している。当時は次のように報じられていた。

「寝るところも食事も全く困らない。毎日500円を支給する」。昨年9月の深夜。東京・上野公園で路上生活していた50代の男性は、見知らぬ男から声をかけられた。県内の事務所に連れて行かれ、契約書のようなものに氏名や本籍地などを書くよう要求された。その後、経歴などを聞かれ、さいたま市桜区に住むことが決まった。入居先は、築30年以上の古い民家を改築し、小部屋を並べた木造2階建て。6畳間に2人で住むように言われたという。
 
携帯電話は没収され、入浴や門限、消灯の時間を厳しく決められた。部屋に暖房はなく、寒さに震えた。食材は提供されたが、朝はご飯とみそ汁、納豆、昼はインスタントラーメン、夜はごはんとレトルト食品のおかずといったメニューが主だったという。
 
(朝日新聞 埼玉版「甘い言葉で勧誘 厳しく生活制限」より 2011/05/27)

この裁判で被告側は「劣悪とはいえない」などと反論していたという。

被告側弁護人によると、被告側は答弁書で「就職活動の機会も保障していたし、自立支援と健康回復のために住居や食事を提供した。サービスが十分ではなかったかもしれないが、劣悪とはいえない」などと反論。「特定商取引法も適用されず、棄却を求める」と争う姿勢を見せた。
 
(埼玉新聞『会社側、争う構え 「貧困ビジネス」訴訟第1回弁論』より 2011/08/25)

同市の宿泊所に入所していた2人と被害対策弁護団は、今回の和合容疑者の逮捕を受け記者会見し、当時の状況について次のように述べた。

同市桜区の宿泊所に入所していた男性(66)が新宿駅西口を歩いていて勧誘を受けたのは2010年4月。「寝る所も食事も全く困らない」と言われて連れて行かれた先は、作り付けの2段ベッドがある狭い部屋だった。保護費の支給日、男性は見張り役が同乗した車に乗せられ、役所で受け取った現金を封筒ごと渡したという。印鑑や受給者証は取り上げられていた。男性は和合容疑者の逮捕に「バンザイしたい。これを機に役所のチェック機能にもメスが入ってほしい」と話した。
 
(毎日新聞『貧困ビジネス:運営者逮捕 「保護費全額渡し1日小遣い500円」 3畳の部屋で生活、入所者会見 /埼玉」より 2014/10/03)

和合容疑者は、1988年に任意団体「フリーウェイクラブ」を設立し、高速道路の無料化を目指す運動に取り組んでいた。2007年、2009年、2010年には国政選挙にも出馬したが、いずれも落選している。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています