ニュース

ジョージ王子の「パパラッチ」に警告文 イギリス王室

2014年10月04日 01時13分 JST | 更新 2014年10月04日 01時29分 JST
WPA Pool via Getty Images
LONDON, ENGLAND - JULY 02: (EDITORIAL USE ONLY) Catherine, Duchess of Cambridge holds Prince George as he points to a butterfly on Prince William, Duke of Cambridge's hand as they visit the Sensational Butterflies exhibition at the Natural History Museum on July 2, 2014 in London, England. The family released the photo ahead of the first birthday of Prince George on July 22. (Photo by John Stillwell - WPA Pool/Getty Images)

イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃夫妻の弁護士が、1歳2カ月となる長男のジョージ王子とその乳母の写真を撮影しようとしたフリーカメラマンに対し「嫌がらせをやめるよう」警告する書簡を送った。地元メディアの10月2日の報道として、時事ドットコムなどが報じた。

王室によれば、ロンドン市内の公園で先週、カメラマンがジョージ王子に接近して写真を撮ろうとしたためこの措置が取られた。カメラマンはこうした行動を繰り返しており、王室側はストーカー行為に当たるとみているという。

これに対しカメラマンの弁護士は「報道カメラマンには公園など公共の場で写真を撮る権利がある」と反論、法的措置には「徹底的に争う」と強調している。

(時事ドットコム『ジョージ王子に「ストーカー」=カメラマンに警告の書簡-英王室』より 2014/10/03 05:56)

ジョージ王子 画像集


ウィリアム王子は、1997年に母親ダイアナ妃をパパラッチに追跡された際に事故死したこともあり、夫妻は家族のプライバシーを守ろうとする意思が強いとされる。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています