Huffpost Japan

自転車専用道が大阪・御堂筋に メインストリートでも車道を潰す橋下市長の意気込みとは

投稿日: 更新:
印刷

大阪市は10月2日、市の中心部を縦断するメインストリート「御堂筋」に、自転車専用道路を作る構想を明らかにした。現在の6車線を4車線に減らし、閉鎖した側道に自転車専用道を設けるという。早ければ2016年度から使えるようになるという。産経ニュースが報じた。

対象は新橋~難波西口交差点の約1・2キロ。幅約5メートルの側道部分に自転車専用レーンを整備し、余ったスペースを歩道拡幅に使う。現在は側道が荷降ろしにも使われているため、側道と本線を隔てる植え込みを縮小し、本線の端に停車スペースを確保する。
 
市は昨年11月に同区間で側道への車の進入を規制し、自転車レーンや歩道として使う社会実験を実施。同区間を含む約3・5キロの本線を車が通過する時間は30秒~4分程度長くなったものの、歩行者や自転車利用者から好評だった。
 
(産経ニュース『橋下市長「パリのシャンゼリゼ」目指す-大阪・ミナミ、御堂筋に自転車専用レーンと歩行者スペースに』より 2014/10/03 00:40)

osaka street

発表資料によると、御堂筋は約40年前に比べて自動車の交通量が4〜5割減少しているのに対し、自転車の交通量は6〜7倍に増加。歩行者と自転車が一緒に歩道を使っているため、歩行者が歩きにくい状況となっている。

car and bike

osaka

橋下市長はこの日の会見で、「車のための御堂筋から自転車・歩行者のための御堂筋に変える」「単に通過道路とするのではなく、楽しむことができる空間にしたい。遠ロの周辺も、銀行などではなく楽しめる店などの誘致をかけている」などと述べ、大阪のメインストリートをパリのシャンゼリゼ通りのように、歩行者らにとって快適な通りに変えたいとする考えを示した。

市は、この区間の北側(淀屋橋―新橋、約1.9キロ)についても10月9〜19日に社会実験を実施するとしており、将来的にはこの区間にも自転車専用道路を設ける検討をしている。

【関連記事】
Close
パリのシャンゼリゼ通り 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
ニューヨークの自転車レーン 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡