NEWS

イスラム国、参加計画の学生「就活うまくいかず...」

2014年10月07日 19時50分 JST | 更新 2014年10月07日 19時51分 JST

「就活うまくいかず…」 「イスラム国」参加計画の学生

中東の過激派組織「イスラム国」をめぐる私戦予備・陰謀事件で、北海道大の男子学生(26)=休学中=が警視庁公安部の事情聴取に対して、戦闘員として組織に加わろうとした理由について「就職活動がうまくいかなかった」などと話していることが捜査関係者への取材で分かった。

この学生は、複数の知人に自殺願望とともに「シリアで死ぬつもりだ」などと明かしていた。公安部は、学生が就職活動の失敗などから孤立感を深めていったことが事件の背景にあるとみている。

公安部は6、7の両日、学生が出入りしていた東京都杉並区のシェアハウスのほか、調査などで「イスラム国」の支配地域に入ったことがある元大学教授の都内の自宅など関係先3カ所を捜索。捜査関係者によると、シェアハウスからは学生が所持していたイスラム教関係の書籍数冊を押収したという。

isis

北海道大生のシリア渡航計画をめぐる人物相関図

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


関連記事

イスラム国